You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.

主催者ご挨拶


期待と楽しさできらめき輝く2日間に



本年、10月18日、19日の2日間にわたり開催いたします「プラチナ・ミセス祭 in 横浜」は、今年で第6回を迎えることとなりました。 改めまして例年各地からご来場くださる皆さま始め、市民の皆さま、そして企業・団体の皆さまの多大なるご支援により開催ができますこと、厚くお礼を申し上げます。
当イベントは、『日本の未来を、家庭から築く』という点に集約して、主婦を取り巻く様々な生活環境(結婚、出産、子育て、受験、家事、食育、介護、仕事他)のなかで、 家庭から生まれる『元気の源』『暮らしのヒント』を、主婦の連結パワーで社会に届けようという目的で行っています。
がまだせ熊本チャリティーTシャツ・デザインは西川心
2016年4月発生した熊本地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、被災地等におきまして、救援や復旧支援などの活動に尽力されている方々に深く敬意を表します。

熊本は私の生まれ故郷です。ふるさとの1日も早い復興を願い、 応援チャリティーイベント「がまだせ熊本」を念頭に置きました。 緑と風と光が奏でるロマンチックな都・熊本のみなさまに、元気になっていただきたい!! そのような思いを込めて、出展者、関係者のみなさまと共に動きます。
安倍昭恵夫人ご視察風景(2015年プラチナ・ミセス祭)
昨年に続き、本年も内閣総理大臣令夫人 安倍昭恵さんがお越しくださいます。 ファーストレディーとして外交に励まれる傍ら、農業、地域振興、女性の社会進出を応援する「UZUの学校」開校など、多方面での社会活動に携わっておられる昭恵さん。 本年は、プラチナ・ミセス祭でしか聞けない【特別講演】を企画しております。 たくさんの夢の実現を応援してくださる昭恵さん。昨年から成長したプラチナ・ミセス祭の会場を、ご視察いただくことがとても楽しみです。
≫安倍昭恵さんご視察・『主婦の学校』開校式
≫お買い物とワークショップを楽しまれたファーストレディ

毎年、大好評をいただいておりますハイスペックなワークショップ、展示、販売、ステージの数々は、今年も充実しております。他ではなかなか実現できないプラチナ・ミセス祭だけのアイテムの数々。どうぞお楽しみください。
そして、いつも裏方で企画を進める実行委員は、社会や女性のみなさまのお役に立てるよう日々勉強や議論を重ね、よりよいものを作ろうと励んでいます。
プラチナ・ミセス祭は、主婦の力によって、私たちの愛する国をつくるために、日本の力を再び結集していくプロローグだと考えます。皆様のより一層のご支援とご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
最後に、このプラチナ・ミセス祭とプラチナミセス・ジャパンを愛してくださるすべての出展者、登壇者、そして皆様に、もう一度感謝を申し上げます。たくさんの夢の実現を、ありがとうございます。


代表理事 西川心 にしかわこころ





熊本支援


チャリティー くまモンTシャツ

「利益を熊本県に寄付します」
ご賛同くださり、ご購入くださいました皆さまをご紹介いたします。

安倍昭恵 浜頭貴美 栗山志穂 桑原悦子 稲垣純子 十川広美 野呂ひろみ 山崎美紀 轟亜紀子 箕輪公男 箕輪貴代子 松井光江 三上菜緒実 吉田忍 阿部久美子 澤山はるこ 鳴海直美   小倉恵子 中野和美 吉田寿美子 平井葉子 佐野里江子 大橋順子 山本久仁子 松本春香 奥津寿枝 河原智英 ももせひろこ とねしずか 下谷内薫 新野眞穂 原口朝琴 深瀬康江 福山泰子 増島千稲 茶木恭子 土方裕紀子 田中美穂 渡利久美子 高橋麻央 三浦梓 上坂尚美 上原洋子 佐藤愛子 村杉薫 近兼文子 津崎富美子 澤地由香里 山村晃子 根来雪絵 阿竹衣香 大熊千賀 横井満里代 赤見かおり子 手塚智子 石川百合子 神谷愛 松永武士 泉健人 川村倫子 上野恵梨奈 石川太秀 大場延子 小林 慶美 木村英太郎 秋元理佳 天野充恵 茂木さゆり 田島栄子 川口薫 林雅子 齊藤アツコ 宮下紀子 松本純子 鈴木香子 富田ルカ 川島彩子 牧野有紀 寺田あき 江原明子 成合綾 高雄真樹子 渡邉美穂子 吉川惠子 西川心

~Tシャツ企画・制作について~
イベントプロジェクトリーダー富田ルカの案を元に、熊本支援活動「FOR KUMAMOTO PROJECT」 のイラスト・ロゴを使用し、WEBメディアデザイナーでもある(社)プラチナミセス・ジャパン代表理事 西川心が制作しました。他では出会えないPMJオリジナルです。
Tシャツの中にある「Gamadase」(がまだせ)は熊本の方言で「頑張る、頑張りどころ」という意味。 熊本生まれの西川心曰く「そのまま“がんばれ”を使ってもよかったのですが、 言葉や文字でも熊本にエールを伝えたかった」と。ちなみにPMJスタッフは「がまだせ」という言葉を聞いたとき、目が?マークでした(笑)。
※(社)プラチナミセス・ジャパンは、熊本県PR事業者登録者です。
※PMJオリジナル"熊本地震支援チャリティーTシャツ"着用は、イベント出展者、関係者限定となっています。ご希望のかたは、メールでお問合せください。(〆切8/22) r-tomita@p-m-j.com 担当富田

主婦の学校

プラチナ・ミセス祭=体験型・主婦の学校

家庭から生まれる『元気の源』や『暮らしのヒント』をプラチナミセス・ジャパンの活動を通して、見て、触れて、感じて、伝える。
                    そして、妻・母・女性として、暮らしを楽しむコツを学びあう。それが「主婦の学校」です。